スノボを楽しもう!

スノーボードのマナー

かつてはスキーとスノーボードとゲレンデによってはコースが分けられていたこともありましたが、近年ではほとんどのゲレンデはスキー・スノーボードどちらも滑走可能になっています。
スノーボードはスキーと違って立ち止まることができないので、コースの途中で休憩するにも座りこまなくてはならないもので、スキー客からしたら邪魔だと思われることも多いものです。
休憩をする場合には、見通しの良い広い場所のコースの端に座るようにし、カーブの先など見通しの悪い場所は衝突の可能性もあり危険なので避けるのがマナーです。
また、スノーボードは板を谷側にして傾斜に対して垂直に座って休憩しますが、複数人数で行った場合にはお互いの顔が見えるように横に並んで座ってしまいがちです。
そうするとコースをふさいでしまうので、コースの端に縦に並んで休憩するのがマナーでもあります。
ゲレンデでのマナーを守ることは、お互いの安全を守ることにもつながるので、事故無く楽しむためにもとても重要です。

注目サイト

大宮 美容院
http://www.waves-web.com/

最終更新日:2015/3/25